July 5, 2018 / 7:45 AM / 18 days ago

イタリア副首相、EUに対し公共投資や改革で自由裁量求める=新聞

[ミラノ 5日 ロイター] - イタリアのディマイオ副首相兼経済発展・労働相は、公共投資や改革において自由裁量の余地を拡大させてもらえるよう、欧州連合(EU)に求める意向を示した。5日付の現地紙「ラ・スタンパ」の取材に答えた。

 7月5日、イタリアのディマイオ副首相兼経済発展・労働相(写真)は、公共投資や改革において自由裁量の余地を拡大させてもらえるよう、欧州連合(EU)に求める意向を示した。ローマで6月撮影(2018年 ロイター/Tony Gentile)

イタリアの公的債務は国内総生産(GDP)比で約130%に膨らんでおり、ユーロ圏で最も高水準となっている。

エコノミストらの予想によると、イタリアで先ごろ成立した連立政権は年間で数百億ユーロ規模の支出を計画する可能性がある。

ディマイオ氏はインタビューで「今後数カ月中に、(政府の)姿勢は過去のものから変わるだろう」と表明。「投資の拡大や、財政および福祉セクターでの構造改革の可能性を求めて行動するつもりだ」と述べた。

さらに、EUを信頼してはいるが、イタリア政府としては財政や福祉制度が他の加盟国と同じになるようなモデルを目指すと話した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below