for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ドラギ氏、イタリア首相候補指名受け入れ 議会の支持獲得に自信

[ローマ 3日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)前総裁のマリオ・ドラギ氏は3日、イタリアの新政権樹立に向け議会の支持を得る自信があるとし、マッタレッラ大統領による首相候補指名を受け入れる意向を示した。

マッタレッラ大統領はドラギ氏と会談し、新型コロナウイルス危機と深刻な景気後退に対応する新政権樹立を要請。欧州連合(EU)復興基金から2000億ユーロ(2430億ドル)を超える支援を受けるために新政権を直ちに発足する必要があるとした。

ドラギ氏は会談後の声明で「今は困難な時期だ」とした上で、「パンデミック(世界的大流行)を克服し、ワクチン接種を完了させ、国民の日常的な問題に答え、イタリアを再稼働させることが直面する課題だ」と指摘。「われわれには自由に使えるEUの膨大な資金がある」とし、この機会を逃さないようにしなければならないと述べた。

ただ、ドラギ氏が十分な支持を得られるかは不明。議会で最大議席を握る左派「五つ星運動」は不支持を表明した。

極右政党「同盟」の関係者は、ドラギ氏が1年以内に選挙を実施すると確約すれば支持するとした。

中道左派「民主党(PD)」はドラギ氏の首相候補指名をおおむね支持したが、党幹部は「他党の動向との関連で何をすべきか考える必要がある」とした。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up