June 7, 2019 / 11:08 AM / 2 months ago

イタリア、首相・経財相・大統領が非公式に連携 危機回避目指す

[ローマ 7日 ロイター] - 複数の関係筋によると、イタリアのコンテ首相、トリア経済・財務相、マッタレッラ大統領が、同国の金融危機を回避するため、非公式に連携している。

 6月7日、複数の関係筋によると、イタリアのコンテ首相(写真)、トリア経済・財務相、マッタレッラ大統領が、同国の金融危機を回避するため、非公式に連携している。5月撮影(2019年 ロイター/Guglielmo Mangiapane)

コンテ首相とトリア経済・財務相はここ数日、マッタレッラ大統領と個人的な会話を通じて、イタリアの政治・金融危機を回避する方策を協議したという。

連立政権を構成する「同盟」と「五つ星運動」の動きを事実上抑制することが狙いという。

連立政権は財政規律を巡って欧州委員会と対立しており、市場では金融危機への懸念が再燃している。

ある政府高官は「マッタレッラ大統領は船の沈没を避けようとしている」と語った。

連立政権で大きな政治的影響力を持つのは、同盟の党首を務めるサルビーニ副首相だが、予算政策を巡る欧州連合(EU)との交渉はコンテ首相が担当する。

コンテ首相とトリア経済・財務相は市場の信認が厚く、2人が辞任すればイタリア国債が急落することをサルビーニ副首相と五つ星運動の党首を務めるディマイオ副首相も把握している。

コンテ首相は今週、EUの財政ルールを守るべきだと主張。辞任も辞さない構えを示した。

トリア経済・財務相もロイターに対し、両副首相が毎日のように口論しており、これがイタリアに打撃を与えているとの見方を示した。

イタリアでは大統領が首相任命権や議会解散権を持つため、同盟も五つ星運動も、大統領との関係悪化は避けたいとみられる。

別の当局者は「大統領が特に懸念しているのは、2020年予算を誰が策定するか、サルビーニ副首相が何を考えているかだ」と述べた。

政府高官が匿名を条件にロイターに明らかにしたところによると、EUはイタリア政府に対し、2019年の財政赤字を国内総生産(GDP)比で約0.2%ポイント(約30億ユーロ)削減するよう求めている。

同高官は「EUへの反論を止めて、財政赤字と公的債務のトレンドについて説得力のある数字を示す必要がある」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below