June 22, 2018 / 7:57 AM / 3 months ago

イタリアのユーロ離脱、有益だが計画には含まれず=有力与党議員

[ローマ 22日 ロイター] - イタリアの極右政党「同盟」の有力議員で、下院予算委員長のクラウディオ・ボルギ氏は22日、コリエレ・デラ・セラ紙のインタビューで、イタリアがユーロ圏から離脱すれば多くの国内問題が解決するとしつつ、ユーロ圏離脱は現政権のプランに含まれていないと説明した。

ボルギ氏は同紙に対し「イタリアにとって貨幣主権を回復することは有益であり、国内問題の多くを解決することになると私は確信している」と発言。一方で、それには議会の過半を握ることが必要だが、「現在はそうなっていない」と付け加えた。

同盟は単独ではなく、大衆迎合主義(ポピュリズム)政党「五つ星運動」と連立を組んでいる。

ボルギ氏は「(政府は)ユーロ離脱を望んでいない」と強調した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below