May 18, 2018 / 10:59 AM / 2 months ago

イタリアの「同盟」と「五つ星運動」、連立政権樹立の合意書に署名

[ローマ 18日 ロイター] - イタリアの極右政党「同盟」と大衆迎合主義(ポピュリズム)政党「五つ星運動」は、連立政権樹立のための合意書に署名した。欧州連合(EU)の方向性とは異なる、歳出拡大路線を目指す。

 5月18日、イタリアの極右政党「同盟」と大衆迎合主義(ポピュリズム)政党「五つ星運動」は、連立政権樹立のための合意書に署名した。3月撮影(2018年 ロイター/Tony Gentile)

両党は3月4日の総選挙で2大勢力となった。連立実現のためには、20日の党員投票による承認が必要となる。同盟のサルビーニ書記長は、五つ星運動のディマイオ党首とともに21日にマッタレッラ大統領と会談し、政権樹立に向けた手続きを認めるよう要請する方針だとしている。

合意書には数十億ユーロの減税、貧困層の福祉への追加支出、年金改革の撤回などが盛り込まれている。

こうした政策は財政支出を増大させ、国債の増発は必至だとして、ユーロ安を招いた。また、イタリア国債は売られ、株式市場も軟調に推移した。

合意書の政策を実行する場合、国際通貨基金(IMF)元高官の1人は、年間で最大1260億ユーロ(約1480億ドル)の財政支出となると試算。イタリア地元紙は年間650億ユーロの支出だとしている。

ディマイオ氏はフェイスブックへの投稿で「政策により経済成長が見込め、政府の歳入が増える」として、批判に反論している。

*内容を追加して再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below