March 5, 2018 / 11:55 PM / 3 months ago

伊総選挙、反移民右派政党と「五つ星」が政権担う権利主張

[ローマ 5日 ロイター] - 4日実施されたイタリア総選挙の開票が進むなか、反移民を掲げる右派「同盟」と反体制派「五つ星運動」の両政党のトップは5日、政権を担う権利を得たと互いに主張した。

 3月5日、4日実施されたイタリア総選挙の開票が進むなか、反移民を掲げる右派「同盟」と反体制派「五つ星運動」の両政党のトップは、政権を担う権利を得たと互いに主張した。写真はミラノで4日撮影(2018年 ロイター/Stefano Rellandini)

両党は総選挙で得票率を伸ばし、躍進。開票途中の段階で、同盟を含む中道右派連合が最大勢力となり、五つ星は政党別で得票率トップとなった。ただ、右派連合、五つ星、左派連合の3勢力のいずれも過半数に届かない見通し。

同盟のサルビーニ書記長は記者会見で、「われわれは政権を担う権利と義務がある」と表明。また、投資家は何も恐れなくていいと強調した。

ただ、欧州連合(EU)懐疑派が率いる政権が誕生するとの懸念から、イタリア国債の利回りは上昇し、主要株価指数は下落、ユーロは一時的に売られた。

五つ星のディマイオ首相候補は、同党は3分の1程度の票を獲得し、圧倒的勝者となったため、次期政権を担うべきだと主張。また、「すべての政治勢力との協議に応じる用意がある」と表明したうえで、「国全体を代表する勢力」が政権を担う必要性を感じていると訴えた。

マッタレッラ大統領は政権樹立に向けた正式な協議を4月に始める見通し。

中道左派の与党・民主党(PD)は大敗を喫し、レンツィ前首相は党首を辞任するとともに、民主党は連立協議に応じることはないとの姿勢を示した。

同盟のサルビーニ書記長は5日に中道右派の最大野党「フォルツァ・イタリア」率いるベルルスコーニ元首相と会談するのに先立ち、 記者団に対し、広範な「ミネストローネ」連合に興味はないが、全ての政党と協議することには前向きだと述べた。同盟の経済担当責任者、クラウディオ・ボルギ氏は、最初に接触するのは五つ星になると語った。

Slideshow (2 Images)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below