April 16, 2018 / 2:48 AM / 3 months ago

伊連立協議、第2回も成果なく 大統領「こう着打開に数日必要」

[ローマ 13日 ロイター] - イタリアの連立政権樹立に向けたマッタレッラ大統領と各政党による第2回目の連立協議は成果なく終わった。

 4月13日、イタリアの連立政権樹立に向けたマッタレッラ大統領と各政党による第2回目の連立協議は成果なく終わった。協議を終えた同大統領。ローマで撮影(2018年 ロイター/Tony Gentile)

2日間の協議を終えた大統領は13日、連立協議のこう着状態を打開するには「あと数日必要」との考えを示した。

3月4日の総選挙では、反体制派政党「五つ星運動」が単独で第1党に躍進した一方、極右政党「同盟」率いる右派連合が最大勢力となったが、どの政党も過半数に届かず、ハングパーラメントとなった。その後の連立協議は難航している。

大統領は記者団に対し「あと数日は待つ。その後、行き詰まりの打開策を検討する」と述べた。

「五つ星運動」は「同盟」との連立に前向きな姿勢を示していたが、「同盟」とともに右派連合を形成するベルルスコーニ元首相率いる「フォルツァ・イタリア」との連携は拒否。一方、「同盟」は「フォルツァ・イタリア」との連携解消を拒否している。

政府高官によると、政党間での合意が実現しない場合、大統領は18日か19日に次の行動に移る見通し。ひとつの選択肢として、大統領は、より柔軟な非公式協議を介して政党間の調停を図る中立的な人物を指名する可能性がある。

「同盟」のサルビーニ書記長は13日、「フォルツァ・イタリア」と「五つ星運動」に対し、言い争いをやめ、連立で合意するよう要請。国営放送RAIに対し、「このまま政党間の対立が続く場合、選挙のやり直しが最善策になる」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below