for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

コンテ伊首相、政権維持に向け野党議員の協力仰ぐ構え

 イタリアのコンテ首相は1月14日、レンツィ元首相率いる少数政党「イタリア・ビバ」の離脱で連立政権が議会で過半数を失ったことを受け、政権維持に向け野党議員の協力を仰ぐ構えを示した。2020年12月、ブリュッセルで代表撮影(2021年 ロイター/Olivier Hoslet)

[ローマ 14日 ロイター] - イタリアのコンテ首相は14日、レンツィ元首相率いる少数政党「イタリア・ビバ」の離脱で連立政権が議会で過半数を失ったことを受け、政権維持に向け野党議員の協力を仰ぐ構えを示した。

議会では来週18日に下院でコンテ内閣の信任投票が予定されており、信任されれば翌日に上院でも信任投票が実施される。

与党・民主党の重鎮、ダリオ・フランチェスキーニ文化活動相は「白昼に堂々と、議会で過半数を集めることになる」と述べた。

レンツィ氏は13日、連立政権からの離脱とイタリア・ビバ出身の閣僚2人の辞任を表明。新型コロナウイルス感染再拡大への対応を迫られる中で、政局は不透明感が一段と高まった。

一方、連立与党を構成する「五つ星運動」のクリミ党首はレンツィ氏と新たな連立協定を交渉する可能性を否定した。

14日のユーロ圏市場では、イタリアとドイツの国債利回り格差が7週間ぶり水準に拡大した。

コンテ氏が政権を維持するには、定数630議席の下院で約25人の野党議員の協力を取り付け、定数315議席の上院では最大18人の協力者を見つける必要がある。ただ、過半数を集められても安定的な政権運営は難しいとみられる。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up