September 5, 2019 / 3:45 PM / 3 months ago

イタリア、コンテ新内閣が発足 親EU色強まる

イタリアのコンテ新内閣が5日、発足した。コンテ首相(中央)を筆頭に21人の閣僚が大統領府で行われた宣誓式に臨み、左派「五つ星運動」と親欧州連合の中道左派、民主党による連立政権が始動する(2019年 ロイター/CIRO DE LUCA)

[ローマ 5日 ロイター] - イタリアのコンテ新内閣が5日、発足した。コンテ首相を筆頭に21人の閣僚が大統領府で行われた宣誓式に臨み、左派「五つ星運動(M5S)」と親欧州連合(EU)の中道左派、民主党(PD)による連立政権が始動する。前政権でEUと対立した右派「同盟」が野党に転落する中、新政権は親EU色が強まるものとみられる。

内相には前政権でEUに批判的だった同盟党首のサルビーニ氏に代わり、高級官僚で移民問題に詳しいルチアナ・ラモルジェーゼ氏が就任する。また経済財務相に起用されたロベルト・グアルティエーリ氏は欧州議会経済金融委員会の委員長を務めており、同国の財政問題を巡ってこじれたEUとの関係を改善する狙いがうかがえる。

こうした中、関係筋によると、政府はイタリアの次期欧州委員に民主党所属で元首相のパオロ・ジェンティローニ氏を選んだ。

コンテ内閣が取り組む最初の課題は2020年度予算案の策定となる。連立与党は政策綱領の中で、景気押し上げに向けた拡張政策や付加価値税(VAT)引き上げの回避などを打ち出している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below