April 9, 2018 / 2:56 AM / 7 months ago

イタリア財政赤字、GDP比1.5%近辺目指す=「五つ星運動」党首

[ミラノ 7日 ロイター] - イタリアで先月行われた総選挙で最多議席を獲得した政党「五つ星運動」のルイジ・ディマイオ党首は7日、ラ・レプブリカ紙とのインタビューで、財政赤字を国内総生産(GDP)比1.5%近辺に抑える経済計画を提示する考えを示した。

これは、退陣する中道左派の民主党政権の2018年の財政赤字見通しとほぼ同水準となる。

五つ星運動は3月4日の総選挙で32%超の議席を獲得し、単独第1党に躍進した。ただ、総選挙ではどの勢力も過半数を獲得できず、「ハングパーラメント」に陥った。そのため、五つ星運動は政権樹立に向け連立相手が必要。

同党は選挙戦中、社会保障費拡大と減税のために財政赤字の拡大を容認する姿勢を示していたが、選挙後にはこの姿勢を軟化させている。欧州連合(EU)や金融市場への配慮とみられる。

ディマイオ氏は、五つ星運動の経済計画について、財政赤字をGDP比1.5%に維持することだ、と説明した。ただ、どの年度についてかは明確にしていない。

五つ星運動の経済計画は、民主党からの支持を取り付けるためとも受け取れる。民主党政権は、2018年の財政赤字はGDP比1.6%と、昨年の2.3%から縮小するとの見通しを示している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below