August 9, 2019 / 3:33 PM / 15 days ago

伊連立与党の同盟、内閣不信任案を提出 解散総選挙の可能性

[ローマ 9日 ロイター] - イタリア連立政権を担う極右「同盟」は9日、コンテ内閣に対する不信任案を提出した。同盟のサルビーニ党首が求める解散総選挙につながる可能性がある。

議会が夏季休会中であるため、不信任案に関する審議時期は不明だが、サルビーニ党首は早ければ来週にも議会を再開し、不信任案を巡る採決を求めている。

イタリア連立政権を構成する「五つ星運動」と同盟は7日、伊仏高速鉄道計画を巡り激しく対立。推進派の同盟に対して五つ星が抵抗し、計画を阻止する動議を上院議会に提出するなど異例の事態となった。上院は結局、動議を反対多数で否決し、高速鉄道計画は継続する運びとなったが、サルビーニ党首は8日、連立政権は崩壊していると表明した。

同盟は声明で「あまりに多くの反対にイタリアは傷つけられている。イタリアはむしろ成長に回帰しなければならず、それゆえ迅速な投票に向かうことが必要だ」と指摘。「時間を無駄にする人々はイタリアを傷つけ、自身のポストを守ることだけを考えている」とした。

上院の報道担当官は9日、各政党の幹部らが12日に会合を開き、不信任案の採決日程を決めると述べた。

選挙は早ければ10月に実施される可能性がある。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below