August 19, 2019 / 11:55 PM / a month ago

イタリア連立与党の五つ星、野党民主党と協議=関係筋

8月19日、イタリアの野党の民主党(PD)は、与党左派「五つ星運動」と連立政権樹立を視野に協議を開始した。写真はローマで2018年5月撮影(2019年 ロイター/Tony Gentile)

[ローマ 19日 ロイター] - イタリアの野党の民主党(PD)は、与党左派「五つ星運動」と連立政権樹立を視野に協議を開始した。PDの関係筋が19日に明らかにした。

五つ星の現在の連立相手である極右「同盟」は、コンテ首相の不信任案を提出すると表明している。同盟は現在の高い支持率を追い風に総選挙を実施すれば、勝利できると考えている。

ただ、今回の政局混乱がどのように収束するかは不透明で、同盟を再び野党に転落させる新政権の樹立など、様々なシナリオが考えられる。

あるPDの関係者は「五つ星と良い協議ができた。コンテ首相がどうなるかを見極める」とコメントした。また別のPD関係者は「誰もが新政権を発足させる準備ができている」と述べた。

コンテ首相は20日、今回の政局混迷について上院で演説を行う。演説後にマッタレッラ大統領に辞表を提出する可能性はあるが、自身に対する議会の不信任採決を待つことも考えられる。

五つ星はPDとの協議に関してコメントを拒否しており、首相の演説の内容を見極めるとしている。

コンテ首相が辞任した場合、マッタレッラ大統領はまず、過半数を得られる他の連立の組み合わせがあるかを模索するが、なければ、議会を解散させ、約3年半前倒しで総選挙を実施することになる。

ある政府筋は「状況は非常に流動的で、同盟と五つ星の連立が復活する可能性さえある」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below