March 15, 2019 / 6:37 AM / 9 days ago

伊国債利回りの高止まり、債務圧縮されないとの見方反映=中銀総裁

 3月14日、イタリア銀行(中央銀行)のビスコ総裁(写真)は、同国国債の利回りが高止まりしているのは、現在の非常に高い債務水準が低下することはないという投資家の見方を反映していると述べた。ローマで2017年10月撮影(2019年 ロイター/Remo Casilli)

[ミラノ 14日 ロイター] - イタリア銀行(中央銀行)のビスコ総裁は14日、同国国債の利回りが高止まりしているのは、現在の非常に高い債務水準が低下することはないという投資家の見方を反映していると述べた。

大学で講演した総裁は、規模が比較的小さい国内銀行は相対的に、大手行よりもイタリア国債を大量に購入しているため、注視する必要があると語った。ただ、真の問題は実際の公的債務の水準だと続けた。

同国の公的債務は国内総生産(GDP)の1.3倍以上ある。財政赤字を賄い国債を借り換えるためにイタリアは毎年、約4000億ユーロ相当の国債を発行する必要がある。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below