for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

新型コロナの影響は上期400億円・通期600億円=伊藤忠CFO

 11月4日、伊藤忠商事の鉢村剛・最高財務責任者(CFO)は決算会見で、新型コロナウイルスの影響は、上期で400億円・通期で600億円程度になるとの見通しを示した。写真は都内で2016年11月撮影(2020年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 4日 ロイター] - 伊藤忠商事8001.Tの鉢村剛・最高財務責任者(CFO)は4日の決算会見で、新型コロナウイルスの影響は、上期で400億円・通期で600億円程度になるとの見通しを示した。

上期の純利益は2525億円で想定を上回る好決算となったが、先行き不透明な部分も多いことから、通期見通しは据え置いた。ただ「通期の純利益予想4000億円と年間配当88円は必達を約束する」と語った。

清水律子

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up