December 22, 2019 / 11:32 PM / a month ago

西アフリカ8カ国、新共通通貨「ECO」導入で仏と合意

 12月21日、西アフリカの8カ国が加盟する西アフリカ経済通貨同盟は、CFAフランに代わる新たな共通通貨「ECO」を導入することでフランスと合意した。写真は仏マクロン大統領(左)とコートジボワールのワタラ大統領。12月21日、コートジボワールのアビジャンで撮影(2019年 ロイター/Luc Gnago)

[アビジャン 21日 ロイター] - 西アフリカの8カ国が加盟する西アフリカ経済通貨同盟は、CFAフランに代わる新たな共通通貨「ECO」を導入することでフランスと合意した。コートジボワールのワタラ大統領が21日、マクロン仏大統領とともに当地で記者会見し、発表した。

CFAフランに対しては、フランス植民地時代の遺物との批判がある一方、地域の金融安定に寄与してきたと支持する声も出ていた。

ECO相場はCFAフランと同様、ユーロとのペッグ(固定)制となるが、加盟国は外貨準備の半分をフランス国庫に預ける義務がなくなる。

8カ国はコートジボワール、ベナン、ブルキナファソ、ギニアビサウ、マリ、ニジェール、セネガル、トーゴ。ギニアビサウ以外はすべてフランスの旧植民地。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below