March 20, 2019 / 7:55 AM / 8 months ago

麻生発言、物価2%へ直ちの日銀政策は必要ないとの理解=安倍首相

 3月20日、安倍晋三首相は午後の参院財政金融委員会で、日銀が2%の物価目標に「こだわり過ぎるとおかしくなる」とした麻生財務相の発言について、金融緩和が雇用を中心に実体経済に効果を発揮している中で、物価2%目標達成だけのために政策対応をすぐにとる必要はない、との意味と理解していると語った。ロッテルダムで1月撮影(2019年 ロイター/Piroschka Van De Wouw)

[東京 20日 ロイター] - 安倍晋三首相は20日午後の参院財政金融委員会で、日銀が2%の物価目標に「こだわり過ぎるとおかしくなる」とした麻生財務相の発言について、金融緩和が雇用を中心に実体経済に効果を発揮している中で、物価2%目標達成だけのために政策対応をすぐにとる必要はない、との意味と理解していると語った。風間直樹委員(立民)への答弁。

麻生太郎財務相は15日の会見で、日銀が掲げる2%の物価上昇率目標について「物価が2%に上がらなかったから『けしからん』と言っている国民は、1人もいないように見える」と述べ、「2%にこだわり過ぎると、おかしくなるということを考えないといけない」と語った。

この発言について見解を求められた安倍首相は、「本来の目標である実体経済において(金融政策が)効果を発揮している中で、今の段階で2%に到達していないことを政府として理解しているということだ」とし、麻生発言は「今すぐに2%をやるためだけに、何か政策手段をとる必要はないという意味で言ったと理解している」と語った。

日銀の金融政策運営については「手段については日銀に委ねており、黒田総裁の手腕を信頼している」と強調。

物価上昇率は目標の2%に達していないものの、「物価安定目標を追求することによって、雇用・実体経済に大きな成果を出している。我々は現在の日銀の金融政策を了としている」と述べ、政府と日銀の共同声明について「共同声明にある目標に向けて、今後も日銀が努力していくことを期待している」と語った。

また、麻生財務相は物価2%目標に対する考え方について、安倍首相、黒田東彦日銀総裁と「齟齬(そご)はない」と述べた。

伊藤純夫

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below