for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

台湾副総統、安倍氏追悼で来日 葬儀に出席へ

 台湾の中央通信社(CNA)は、頼清徳副総統が、演説中に銃撃を受け死亡した安倍晋三元首相の死去に哀悼の意を表するため11日に日本を訪問したと伝えた。台北市内で11日撮影(2022年 ロイター/Ann Wang)

[台北 11日 ロイター] - 台湾の中央通信社(CNA)は、頼清徳副総統が、演説中に銃撃を受け死亡した安倍晋三元首相の死去に哀悼の意を表するため11日に日本を訪問したと伝えた。日本を訪問した台湾高官としては1972年の断交後で最高位となる。

CNAが与党民進党の高官の話として伝えたところによると、頼氏が東京の安倍氏の自宅を弔問。12日の葬儀に出席する予定という。

台湾総統府は、報道についてコメントを差し控えたものの、頼氏が安倍氏と安倍氏の家族とは「長年の親しい友人」であると述べた。

蔡英文総統は11日、台北市内の日本の窓口機関、日本台湾交流協会台北事務所を訪れ、安倍氏の遺志を継いで日台関係を緊密にし、関係を深めていくと述べ、哀悼の意を表した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up