October 18, 2019 / 8:25 AM / a month ago

モメンタム損なわれる恐れにより注意、予断持たず適切に政策運営=雨宮日銀副総裁

 10月18日、日銀の雨宮正佳副総裁(写真)は、全国信用組合大会であいさつし、足元の状況について「物価安定の目標に向けたモメンタムが損なわれる恐れに、より注意が必要な情勢になりつつある」との判断を維持した。都内で7月撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)

[東京 18日 ロイター] - 日銀の雨宮正佳副総裁は18日、全国信用組合大会であいさつし、足元の状況について「物価安定の目標に向けたモメンタムが損なわれる恐れに、より注意が必要な情勢になりつつある」との判断を維持した。その上で「展望リポートを公表する今月末の金融政策決定会合において、経済・物価動向を改めて点検する」と繰り返した。

雨宮副総裁は「強力な金融緩和を粘り強く続け、物価安定目標に向けたモメンタム維持していくこと重要だ」と指摘。「様々なリスクを注意深く点検しつつ、経済・物価・金融情勢を踏まえ、予断を持つことなく、適切な政策運営を行っていく」と語った。

日本経済については「所得から支出への前向きの循環メカニズムが働く下で、基調としては緩やかに拡大している」とし、先行きも海外経済は総じてみれば緩やかに成長していくとの見方から、「日本経済は拡大基調が続く」との見通しを示した。

もっとも「海外経済・物価の中心的な見通しは、下振れリスクが大きい」とも指摘。その背景として、海外経済の下振れリスクが高まりつつあることを挙げ、「海外経済の動向が日本の経済・物価に与える影響については、しっかり点検していく必要がある」と警戒感も示した。

志田義寧 編集:田中志保

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below