for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

豪女子ソフトボール五輪代表が来日、群馬で合宿 毎日PCR検査

 6月1日、豪女子ソフトボールの五輪代表チームが、東京大会に参加するため日本に到着した。写真は5月31日、シドニーの空港で撮影に応じる同チーム(2021年 ロイター/Nick Mulvenney)

[東京 1日 ロイター] - 豪女子ソフトボールの五輪代表チームが1日午前、東京大会に参加するため日本に到着した。昨夏の大会が新型コロナウイルスで延期されて以降、五輪の代表チームが来日するのは初めて。

選手とスタッフ29人は、全員が新型コロナウイルスワクチンを接種した上でオーストラリアを出発。1日朝に千葉県の成田空港に到着した。PCR検査で陰性を確認し、マスク姿でバスに乗り込んだ。

代表チームは群馬県太田市で合宿し、最終メンバーを選出する。7月17日に東京・晴海の選手村へ移動する。太田市によると、代表チームは毎日、PCR検査を受ける。

初戦は五輪開幕2日前の7月21日。福島県営あづま球場(福島県福島市)で行われる。2008年の北京五輪で金メダルを獲得した日本代表と対戦する。

オーストラリアの女子ソフトボール代表は、これまでに4つのメダルを五輪で獲得。04年のアテネ大会で銀メダルを、1996年のアトランタ大会、00年のシドニー大会、08年の北京大会でそれぞれ銅メダルを取っている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up