November 13, 2019 / 10:00 AM / a month ago

三菱UFJ・三井住友、中間純利益はそろって減

 11月13日、三菱UFJフィナンシャル・グループと三井住友フィナンシャルグループが13日発表した2019年9月中間連結決算は、最終利益が前年同期比でそろって減少した。写真は2016年5月16日、東京で撮影(2019年 ロイター/Thomas Peter)

[東京 13日 ロイター] - 三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306.T)と三井住友フィナンシャルグループ(FG)(8316.T)が13日発表した2019年9月中間連結決算は、最終利益が前年同期比でそろって減少した。シャープ(6753.T)や東芝(6502.T)といった大口融資先の財務改善が一巡し、18年9月中間連結決算で計上した貸倒費用の戻り益が縮小した。

三菱UFJの9月中間連結純利益は6099億円となった。貸し倒れに備えて過去に積んだ引当金の戻り益の剥落が主因で、前年同期比で6.3%減少した。

市場部門の増収で本業のもうけを示す連結業務純益では同11.1%増の6313億円と、4期ぶりに増加に転じた。ただ、年度末にかけ「引き続き厳しい収益環境が続く」(三菱UFJの三毛兼承社長)との見通しを崩さず、当初掲げた20年3月期の純利益目標(9000億円)は据え置いた。

三井住友FGの中間純利益は同8.6%減の4320億円だった。市場部門は増益だったが、三菱UFJと同様に、与信費用の増加が響いた。連結業務純益ベースでは5546億円と、前年同期比で13.3%減少した。

山口貴也

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below