for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

スーチー氏への禁錮刑、好ましくない動きで懸念=松野官房長官

松野博一官房長官は7日、ミャンマーの民主化指導者アウンサンスーチー氏に対して禁錮刑が言い渡されたことについて、日本を含む国際社会がミャンマーの民主的な政治体制の早期回復を求める中、「好ましくない動きで、懸念している」と述べた。写真は10月4日、東京の首相官邸で撮影(2021年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

(見出しの余分な文字を削除しました)

[東京 7日 ロイター] - 松野博一官房長官は7日、ミャンマーの民主化指導者アウンサンスーチー氏に対して禁錮刑が言い渡されたことについて、日本を含む国際社会がミャンマーの民主的な政治体制の早期回復を求める中、「好ましくない動きで、懸念している」と述べた。引き続き東南アジア諸国連合(ASEAN)をはじめとする国際社会と連携しながら、事態の改善に向け働き掛けを続けていきたいと話した。

北京冬季五輪への日本政府の対応については、適切な時期に諸般の事情を勘案して決めると述べた。米国は政府代表を派遣しない「外交ボイコット」を発表したが、松野官房長官はコメントを差し控えるとした。

*内容を更新しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up