for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

カレンダー発行、補正後平年度から3.8兆円減額=21年度国債発行計画

財務省は21日、2021年度の国債発行計画で、市中向けのカレンダーベース発行額を補正後平年度ベースとなる225兆2000億円から3兆8000億円減額すると発表した。写真は財務省、2009年3月撮影(2020年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 21日 ロイター] - 財務省は21日、2021年度の国債発行計画で、市中向けのカレンダーベース発行額を補正後平年度ベースとなる225兆2000億円から3兆8000億円減額すると発表した。次年度以降の借換債を抑制するため短期債の発行を減らす一方、生命保険各社から需要があった40年債を増やす。

同年度のカレンダー市中発行額は221兆4000億円となる。年限債別では6カ月物の短期国債を4兆4000億円減額する。40年債は隔月発行額を1000億円積み増し、年間発行額を3兆6000億円とする方針だ。

21年度計画では30年債や20年債、10年債、5年債、2年債、物価連動債、流動性供給のいずれも20年度2次・3次補正後の月額発行額を据え置く。

予算ベースの国債発行総額は、前年当初比82兆5461億円増の236兆0082億円と想定。一般会計の不足財源を補う新規国債を43兆5970億円、財政投融資計画の増額に伴う財投債を45兆円とし、発行総額の6割を占める借換債は147兆1929億円と見込んだ。

カレンダーを含む市中発行分は229兆7082億円で、個人向け販売分4兆1000億円と日銀乗り換え2兆2000億円を併せ、発行増に対応する。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up