March 2, 2020 / 1:50 AM / 3 months ago

日本企業の設備投資、10─12月期は3年ぶり前年割れ

 3月2日、財務省が発表した2019年10-12月期の法人企業統計調査によると、売上高・経常利益・設備投資の3項目すべてが前年割れし、前期比でも減少が止まらない。写真は滋賀県にある空調機器の工場。2015年3月撮影(2020年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 2日 ロイター] - 財務省が2日発表した2019年10-12月期の法人企業統計調査によると、売上高・経常利益・設備投資の3項目すべてが前年割れし、前期比でも減少が止まらない。設備投資は長らく増勢を維持してきたが、10-12月期は前年比3.5%減と息切気味となった。

設備投資が前年割れとなったのは2016年7-9月以来。製造業が前年比9.0%と大幅な減少となったことが主因。振れが大きい情報通信業が大幅減となったほか、輸送機械工業も3期連続減で、しかも今期は2ケタ減となり足を引っ張った。また長らく支えてきた非製造業も0.1%減とわずかながら減少に転じた。電気業や不動産業が減少した。

売上高は製造業で一般機械や輸送用機械の前年比減少幅が大きい。非製造業では、全体に占める比率が大きい小売・卸売業やサービス業が消費増税もあり減少幅が拡大し、全体で減少した。

経常利益は、製造業が引き続き前年割れが続いているが、一方で非製造業は2期連続前年比増となっている。サービス業や情報通信業がけん引した。

前期比でみれば、全体の売上高も経常利益も昨年春ないし夏以降は減少が続いており、業績面で下降局面にあることがうかがえる。設備投資も2期連続で前期比減少となっており、10-12月期国内総生産1次速報では前期比減少となった。今回の法人企業統計の結果がどう2次速報に反映されるか注目される。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below