for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

福岡県の緊急事態宣言要請、必要なら機動的に対応=西村再生相

西村康稔経済再生担当相は5日夕の記者会見で、新型コロナウイルス感染が急激に増えている福岡県が緊急事態宣言の適用を政府に要請したことについて、病床などの状況を分析し、専門家の意見を聞いて必要なら機動的に対応したいと述べた。昨年9月撮影。(2021年 ロイター/Kim Kyung-Hoon )

[東京 5日 ロイター] - 西村康稔経済再生担当相は5日夕の記者会見で、新型コロナウイルス感染が急激に増えている福岡県が緊急事態宣言の適用を政府に要請したことについて、病床などの状況を分析し、専門家の意見を聞いて必要なら機動的に対応したいと述べた。

西村再生相は、すでに福岡県にはまん延防止等重点措置が適用されており、飲食店の時短や酒類・カラオケの提供の停止など緊急事態宣言と同等の厳しい措置がとられていると説明し、病床の確保も連携してしっかりと取り組んでいきたいとした。

また、4日に開催された菅義偉首相を含むコロナ対策の5大臣会合において、西村再生相から全国一律の緊急事態宣言についても言及したことを明らかにした。自身の役割としていくつかの選択肢を示しながら、考え方を整理し説明をしたと述べたが、詳細についての言及は避けた。 

西村再生相は、5日に開催された政府の基本的対処方針分科会でも、専門家から 「全国に緊急事態宣言を出すくらい厳しい状況にあるとの意見を頂いた」と発言していた。

一方、今回、まん延防止措置の対象となった静岡県で、有観客で五輪大会の自転車競技が行われていることについて質問され、最終的には県と組織委員会で議論されると思うと述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up