for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東京も大阪のような状況になる可能性ある=新型コロナ感染で尾身会長

政府の感染症対策分科会の尾身茂会長は5日の参院決算委員会で、新型コロナウイルスの感染状況について「東京も(感染の拡大が続く)大阪のような状況になる可能性がある」とし、こうした状況を回避するため、「どんな効果的な対策を打てるのか、真剣に検討すべき時期に入りつつある」と述べた。写真は今年1月、菅首相とともに会見した尾身氏。 (2021年 ロイター/ Rodrigo Reyes Marin/Pool )

[東京 5日 ロイター] - 政府の感染症対策分科会の尾身茂会長は5日の参院決算委員会で、新型コロナウイルスの感染状況について「東京も(感染の拡大が続く)大阪のような状況になる可能性がある」とし、こうした状況を回避するため、「どんな効果的な対策を打てるのか、真剣に検討すべき時期に入りつつある」と述べた。古賀之士委員(立憲民主)の質問に答えた。

尾身会長は、東京の感染状況に関し、1)週単位で前週比増加が3週継続している、2)変異株の割合が徐々に増えている、3)緊急事態宣言解除(3月21日)後に人流が増加傾向にある──と指摘。人流の変化の影響が今後、1、2週間で出てくることが考えられると語った。

新型コロナ対策全般については、クラスターの多様化や行動変容に対する協力が得られにくくなってきていることなどを踏まえると、「多様な感染源に、より直接的に介入することが求められている」と訴えた。

内田慎一

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up