April 19, 2018 / 11:50 PM / 5 months ago

消費者物価上昇率、3月は前年比+0.9% 1年8カ月ぶり前月下回る

[東京 20日 ロイター] - 総務省が20日発表した3月の全国消費者物価指数(生鮮食品を除く、コアCPI)は100.6となり、前年同月比で0.9%上昇した。プラス幅は2月の1.0%から縮小した。前月の伸び率を下回ったのは、2016年7月以来1年8カ月ぶり。

 4月20日、総務省が発表した、3月の全国消費者物価指数(生鮮食品を除く、コアCPI)は100.6となり、前年同月比0.9%上昇した。写真は都内で昨年5月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

生鮮食品を含む総合指数は前年比1.1%上昇し、2月の1.5%からプラス幅が縮小。物価の基調的な動きを示す、除く生鮮・エネルギー(コアコアCPI)は前年比0.5%上昇と、伸びは2月から横ばいとなった。

コアCPIの上昇率が頭打ちとなった要因のひとつは、ガソリン価格の上昇幅が縮小したことだ。もっとも、原油価格が足元で上昇していることから、下押し圧力は「一時的なもの」(総務省幹部)とみられている。春節などで訪日外国人観光客数が多かった2月と比べ、「宿泊料」も一服した。

上昇した品目の割合は53.3%と、2月(57.6%)や1月(58.5%)と比較して低水準となった。

第一生命経済研究所・経済調査部主席エコノミストの新家義貴氏は、「エネルギー以外は若干上向いているものの、原油価格が前年比で上がりにくい局面に入っており、今後も1.0%前後で推移するのでは」とみている。

同時に発表した2017年度平均の指数は、前年度比0.7%上昇の100.4だった。

*情報を更新して再送します。

梅川崇

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below