December 21, 2017 / 6:35 AM / a year ago

11月全国百貨店売上高は前年比2.2%増、2カ月ぶりプラス

 12月21日、日本百貨店協会が発表した11月の全国百貨店売上高は、店舗数調整後で前年比2.2%増の5396億円と、2カ月ぶりにプラスになった。商況改善の裾野が広がってきたという。写真は都内で7月撮影(2017年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 21日 ロイター] - 日本百貨店協会が21日発表した11月の全国百貨店売上高は、店舗数調整後で前年比2.2%増の5396億円と、2カ月ぶりにプラスになった。商況改善の裾野が広がってきたという。

11月は、寒くなるにつれ、この時期主力のコートやセーターなど冬物衣料に動きが見られた。また、富裕層やインバウンドによる高額消費に続き、中間層にも価値の高い商材を求める傾向が見え始めたという。

地区別では、高額消費がけん引役となり、大都市が好調。中でも大阪は前年比11.6%増と2桁の伸びを示した。一方で、地方は全般に苦戦が目立つという。

商品別では、主力の衣料品の売り上げが、寒さに加えて催事企画も功を奏し、前年実績を0.5%上回った。美術・宝飾・貴金属などの高額商材や化粧品の好調で、雑貨も11.9%増と売り上げを伸ばした。

調査対象の百貨店は80社・226店舗。東京地区は前年比3.8%増と、2カ月ぶりプラスとなった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below