October 8, 2019 / 12:09 AM / in 7 days

消費支出、8月は前年比1.0%増 判断「持ち直している」維持

 10月8日、総務省が発表した8月の家計調査によると、2人以上の世帯の消費支出は1世帯当たり29万6327円と、前年同月比(変動調整値)で実質1.0%増となった。写真は大阪市の商店街。2017年10月22日撮影(2019年 ロイター/Thomas White)

[東京 8日 ロイター] - 総務省が8日発表した8月の家計調査によると、2人以上の世帯の消費支出は1世帯当たり29万6327円と、前年同月比(変動調整値)で実質1.0%増となった。増加は9カ月連続で、比較可能な2001年以降で最長となった。

総務省は「持ち直している」との基調判断を維持した。

エアコンなど「家具・家事用品」は前年比13.2%増、国内パック旅行など「教養娯楽」は同3.5%増、自動車など「交通・通信」は同3.4%増だった。

一方、天候が良くなかった7月分の請求となる電気代など「光熱・水道」は同9.7%減だった。

消費税率引き上げ前の駆け込み需要は、前回引き上げ時ほどの動きは出ていないという。

ロイターの事前調査は同1.2%増だった。

前月比(季節調整値)は実質2.4%減だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below