Reuters logo
街角景気11月は14年1月以来の高水準 寒さが追い風 懸念はコスト増
December 8, 2017 / 7:07 AM / 6 days ago

街角景気11月は14年1月以来の高水準 寒さが追い風 懸念はコスト増

[東京 8日 ロイター] - 内閣府が8日発表した11月の景気ウオッチャー調査では、景気の現状判断DIは55.1で、2014年1月の55.9以来の高水準となった。前月比2.9ポイント上昇、3カ月連続の上昇となった。横ばいを示す50の水準は3カ月連続で上回った。天候の安定や気温低下によるコートなどの売り上げ増などから、家計動向関連が大きく改善、人手不足を映じた採用増の活発化も寄与した。一方、企業動向関連は悪化した。

 12月8日、内閣府が発表した11月の景気ウオッチャー調査では、景気の現状判断DIは55.1で、2014年1月の55.9以来の高水準となった。前月比2.9ポイント上昇、3カ月連続の上昇となった。写真は都内で5月撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

ウオッチャーからは家計動向について「今月は天候もほぼ安定し、客の来場も順調」(甲信越・ゴルフ場)、「中旬以降は最低気温10度以下の日が多く、コートを中心とした重衣料の動きが好調。外国人観光客の購入も好調が続いている」(九州・百貨店)といったコメントがある。また「冷蔵庫やエアコンの省エネタイプなど、高付加価値で価格の高い商品が動いている」(近畿・家電量販店)といった状況もある。

雇用関連では「ほとんどの企業が採用数を増やすと回答。学生有利の就職戦線が続いており、予算も増えている様子」(関東・民間職業紹介機関)など、人手不足に伴う就職環境の改善が続いている。

2─3カ月先を見る先行き判断DIは53.8で、前月比1.1ポイント低下。2カ月ぶりの悪化となった。人件費の上昇や食品価格上昇などが足を引っ張るとみられている。企業は原油高の影響で原料コストの上昇を懸念している。

内閣府は、景気ウオッチャー調査の判断の表現を前月の「着実に持ち直している」から「緩やかに回復している」に修正した。

中川泉 編集:内田慎一

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below