May 9, 2018 / 6:09 AM / 2 months ago

訂正:3月景気動向指数は2カ月連続改善、半導体製造装置など好調=内閣府

[東京 9日 ロイター] - 内閣府が9日公表した3月の景気動向指数(速報値、2010年=100)は、指標となる一致指数が116.4となった。前月比で0.4ポイント上昇し、2カ月連続で改善した。半導体製造装置(訂正)の出荷と、スマートフォン内蔵カメラ向け半導体などの生産増が寄与した。ノート型パソコンや携帯電話機などの出荷や、商業販売額などは指数を押し下げた。

 5月9日、内閣府が公表した3月の景気動向指数(速報値、2010年=100)は、指標となる一致指数が116.4となった。前月比で0.4ポイント上昇し、2カ月連続で改善した。建設材の出荷や、スマートフォン内蔵カメラ向け半導体などの生産増が寄与した。写真は北京で2016年2月撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

一致指数に基づいた基調判断は「改善を示している」との文言を18カ月連続で据え置いた。もっとも一致指数は昨年12月に119.0をつけた後、高水準で横ばい圏で推移している。

先行指数は105.0となり前月比0.9ポイント下降し、2カ月ぶりのマイナスだった。商品市況や株価下落が大きく影響した。

*見出しおよび本文1段落目の「建設材」を「半導体製造装置」に訂正しました。

竹本能文

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below