Reuters logo
景気「緩やかな回復基調」、5カ月連続据え置き=10月月例経済報告
2017年10月25日 / 09:09 / 1ヶ月前

景気「緩やかな回復基調」、5カ月連続据え置き=10月月例経済報告

[東京 25日 ロイター] - 政府は10月の月例経済報告で「景気は緩やかな回復基調が続いている」との判断を据え置いた。この表現は今年6月以来5カ月連続。個人消費、設備投資、輸出など民間需要項目の判断も維持した。 輸入は中国からのスマートフォン輸入の不振が影響し、下方修正した。世界経済についても、全体として「緩やかに回復している」で据え置いた。

 10月25日、政府は10月の月例経済報告で「景気は緩やかな回復基調が続いている」との判断を据え置いた。この表現は今年6月以来5カ月連続。個人消費、設備投資、輸出など民間需要項目の判断も維持した。 写真は都内で8月撮影(2017年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

輸入は前月の「持ち直しの動きがみられる」から「持ち直しの動きに足踏みがみられる」に下方修正。7─9月の輸入数量が前期比で減少に転じた。中国からの新型スマートフォンの輸入が思わしくなく、アジア地域からの輸入が9月に減少した。

個人消費は「緩やかに持ち直している」で据え置いた。消費全体の動きを表す「消費総合指数」は8月に前月比0.4%改善した。ただ、3カ月移動平均でみると0.1%低下しており、足取りは弱い。小売業販売額など供給側の統計はしっかりしており、自動車販売も8月、9月ともに前月比・前年比で伸びている。

ただ、日産自動車(7201.T)の不正問題により10月の自動車販売に影響が出る可能性もある。

設備投資も「持ち直している」で据え置き。8月は資本財総供給(国内向け出荷および輸入)や機械受注、建築着工工事費予定額などが前月比で増加している。

物価についても判断を維持。企業物価は「このところ緩やかに上昇している」、消費者物価は「横ばい」としている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below