June 19, 2019 / 8:05 AM / a month ago

安倍首相、衆院解散「頭の片隅にもない」 年金の財政検証は未報告

 6月19日、安倍晋三首相は党首討論で、衆院解散に関して「解散という言葉は私の頭の片隅にもない」と明言した。写真は都内で1月撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)

[東京 19日 ロイター] - 安倍晋三首相は19日の党首討論で、衆院解散に関して「解散という言葉は私の頭の片隅にもない」と明言した。日本維新の会の片山虎之助共同代表の質問に答えた。厚生労働省が5年に1度実施する年金の財政検証は未報告だとし、現時点で公表に至っていないことは夏の参院選とは無関係との認識を示した。

安倍首相と野党4党との党首討論は2018年6月以来1年ぶり。

今回の党首討論では、立憲民主党の枝野幸男代表と国民民主党の玉木雄一郎代表、共産党の志位和夫委員長が、老後の備えに2000万円が必要と試算した金融庁の報告書が年金不安を招いていると質した。首相は「大きな誤解が生じた」と応じた。

一方、安倍首相は「経済成長によって新たな働き手が増え、年金運用では(GPIF=年金積立金管理運用独立行政法人=の運用益が)44兆円出ている。民主党時代の10倍だ」と指摘。「税収も活用して社会保障基盤を厚くし、今後もしっかり経済成長と分配の好循環をつくる」と強調した。

財政検証に関しては現時点で「報告を受けていない」と語った。専門家による数理計算を巡って「政治、政局とかかわらず検証、報告を頂きたい」との考えも併せて示した。

山口貴也

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below