July 21, 2019 / 12:43 PM / a month ago

二階幹事長が安倍首相の自民党総裁4選を支持、意向示せば

 7月21日、自民党の二階俊博幹事長は、参議院選挙で与党の議席が改選過半数を上回りそうな情勢を受け、安倍晋三首相の自民党総裁4選について、「(出馬の意向が)あった場合には、当然支持していく。国民の支持があるからだ」と述べた。写真は二階幹事長。2014年9月、東京で撮影(2019年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 21日 ロイター] - 自民党の二階俊博幹事長は21日夜、民放テレビの番組の中で、安倍晋三首相が自民党総裁として4選する意向を示すなら、支持していく意向を示した。

二階幹事長は「(4選出馬の意向が)あった場合には、当然支持していく。国民の支持があるからだ」と述べた。安倍首相の自民総裁4選を巡って「国民の皆さんの期待が大きいということに対し、公明党も同じ考えになることが予想されるが、(自民)党内、与党公明党と議論していきたい」との考えも示した。

ただ、安倍首相が4選出馬の意向を示す前に「前もって(支持を)申し上げるべきではない」とも語った。

今回の参院選で、自民・公明両党で改選過半数の63議席を上回る情勢であることについて「国民のみなさまに感謝している」とした。

衆院解散・総選挙に関しては「いつあってもいいということは、常在戦場というのはそういうことだ。選挙はいつあってもいいように構えておこうということは互いに話している」と述べた。「秋とかどうとかは関係ない」との認識も併せて示した。

一方、臨時国会召集や内閣改造のタイミングについて、二階幹事長は「状況が整えば速やかにやることが大事」と語った。

*内容を追加しました

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below