for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日本とEU首脳、五輪の開催支持で一致 台湾海峡にも言及

 5月27日、日本と欧州連合(EU)は首脳協議を開き、今夏の東京五輪・パラリンピック開催を支持することで一致した。都内で4月撮影(2021年 ロイター/Issei Kato)

[東京 27日 ロイター] - 日本と欧州連合(EU)は27日、首脳協議を開き、今夏の東京五輪・パラリンピック開催を支持することで一致した。台湾海峡の平和と安定の重要性も確認した。

両首脳はテレビ会議形式で会談。協議後に「新型コロナウイルスに打ち勝つ世界の団結の象徴として、本年夏、安全・安心な形で2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会を開催すること支持する」との共同声明を出した。

日本側の説明によると、EUの執行機関である欧州委員会のフォンデアライエン委員長は菅義偉首相に対し、東京五輪を楽しみにしていると伝えた。

また、両首脳は中国を念頭に、東シナ海と南シナ海で緊張を高める「一方的な試みにも強く反対する」と表明。その上で、「台湾海峡の平和と安定の重要性を強調し、両岸問題の平和的解決を促す」ことで一致した。

このほか、ベラルーシやミャンマー、ウクライナ、香港、新疆ウイグル自治区など地域情勢を協議。各地域の中国、ロシアとの関係について意見交換を続けることを申し合わせた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up