Reuters logo
トヨタ・ホンダ・日産が最大60億円支援、水素スタンド運営で
July 1, 2015 / 10:43 AM / 3 years ago

トヨタ・ホンダ・日産が最大60億円支援、水素スタンド運営で

[東京 1日 ロイター] - トヨタ自動車(7203.T)、日産自動車(7201.T)、ホンダ(7267.T)の3社は1日、燃料電池車(FCV)の燃料となる水素を供給する水素スタンドの運営に今後5年間で総額最大60億円を支援すると発表した。

 7月1日、トヨタ、日産、ホンダの3社は燃料電池車(FCV)の燃料となる水素を供給する水素スタンドの運営に今後5年間で総額最大60億円を支援すると発表した。写真は水素供給スタンド、ワシントンで1月撮影(2015年 ロイター/Gary Cameron)

FCV導入初期は普及台数が少なく、スタンドの稼働率が低いため採算が取れず、インフラ整備が進みにくい。このため自動車大手3社は資金面で協力し、水素スタンドの早期普及を後押しする。

    水素スタンドは1カ所当たりの建設費が5億円前後になる上、運営にも年間4000万円ほどかかり、全国で稼働しているのは現在23カ所にとどまっている。

    3社は水素スタンド1基当たり年間最大1100万円を上限に運営費の3分の1を負担する。運営に伴う人件費や修繕費などが対象で、2020年ごろまでに100基程度の運営支援を想定している。

    トヨタの伊勢清貴専務役員によると、3社の費用分担はFCVを投入する時期や販売台数などに応じて決めるという。FCVは、トヨタが「ミライ」を昨年12月に国内で投入。ホンダは今年度中の販売開始予定で、日産は早ければ2017年の販売開始を目指している。

    白木真紀、舩越みなみ

    0 : 0
    • narrow-browser-and-phone
    • medium-browser-and-portrait-tablet
    • landscape-tablet
    • medium-wide-browser
    • wide-browser-and-larger
    • medium-browser-and-landscape-tablet
    • medium-wide-browser-and-larger
    • above-phone
    • portrait-tablet-and-above
    • above-portrait-tablet
    • landscape-tablet-and-above
    • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
    • portrait-tablet-and-below
    • landscape-tablet-and-below