March 22, 2019 / 6:33 AM / in a month

金融政策、マイナス影響が従来より増えている=大久保・信託協会会長

 3月22日、信託協会の大久保哲夫会長(三井住友トラスト・ホールディングス社長)は定例会見で、日銀のマイナス金利政策について「長期化していることから、マイナス面の影響が従来よりも増えているのではないか」と述べた。写真は2010年8月撮影(2019年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京 22日 ロイター] - 信託協会の大久保哲夫会長(三井住友トラスト・ホールディングス (8309.T)社長)は22日の定例会見で、日銀のマイナス金利政策について「長期化していることから、マイナス面の影響が従来よりも増えているのではないか」と述べた。

大久保会長は、マイナス金利について景気刺激策のプラス面もある一方、年金の運用や国民の預金に対するマイナスの影響などを指摘。その上で「金融政策はプラスマイナスの影響があり、そのバランスが重要」とした。

また、年金運用では国債での運用が難しくなっていることから、運用会社としてオルタナティブや株式の運用を増やしていると説明。年金資金の長期・安定的な運用という性質に対応するため「分散やヘッジ機能などを活用して、リスク管理に従前以上に力を入れている」と語った。

布施太郎

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below