January 26, 2018 / 7:29 AM / a month ago

外国人労働者、前年比18%増の127万人に 昨年10月末

[東京 26日 ロイター] - 厚生労働省が26日発表した外国人雇用の届出状況によると、2017年10月末時点で日本で働く外国人は127万8670人となった。前年同期比18.0%増加し、5年連続で過去最高を更新した。

国別では、中国が最も多く37万2263人(全体の29.1%)、次いでベトナム24万0259人(同18.8%)、フィリピン14万6798人(同11.5%)だった。前年比伸び率が最も高かったのはベトナム(39.7%増)、次いでネパール(31.0%増)。

技能実習生は同22.1%増の25万7788人だった。留学生は同23.8%増の25万9604人。専門的・技術的分野のいわゆる高度人材は18.6%増の23万8412人となった。

昨年10月末時点で事業主から届け出のあった数を集計した。届け出は2007年から事業主に対し義務化されている。

厚労省では、外国人労働者の増加要因として「政府が推進している高度外国人材や留学生の受け入れが進んでいることや、技能実習制度の活用が進んでいることが背景にある」としている。

宮崎亜巳

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below