May 7, 2019 / 6:30 AM / 17 days ago

ドル110円半ば、1ヵ月ぶり安値圏で上値重い

[東京 7日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点から小幅安の110円半ば。前日につけた1カ月ぶり安値からは切り返したものの、上値の重い展開が続いた。

 5月7日、午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点から小幅安の110円半ば。前日につけた1カ月ぶり安値からは切り返したものの、上値の重い展開が続いた。写真は2017年6月撮影(2019年 ロイター/Thomas White)

日本の連休明け、ドルは110円後半で取引が本格化した。最近の安値圏では国内勢の買いが強まるとの期待もあったが「市場はトランプ米大統領の対中貿易に関するツイッター発言の真意を量りかねている」(外銀)といい、買いは散発的。110円半ばから後半を上下する展開が続いた。

中国株が前日比小幅安にとどまった一方、日経平均が300円を超える下げとなったことも、円が堅調に推移する要因となった。「大統領の発言は交渉戦術の一部なのかもしれないが、交渉の長期化は貿易戦争激化への懸念を増大させる」(別の外銀)との指摘もあった。

トランプ大統領は5日、2000億ドル相当の中国製品に対する関税を10日から、現在の10%から25%に引き上げると表明。現在関税を課していない3250億ドル相当の中国製品についても、「近く」25%の関税を発動する考えを示した。

ドルは6日に110.28円まで下落。3月28日以来約1カ月ぶり安値を更新した。

この日アジア時間に動きが目立ったのは豪ドル。中銀が政策金利の据え置きを決めたことを受け、77円前半から後半へ上昇。前週末以来の水準を一時回復した。事前の市場では据え置きと利下げ予想が拮抗していたため。

市場筋によると、利下げを予想していた向きは、上昇は一時的との見方から上値で戻り売りに動いたという。

ドル/円JPY=  ユーロ/ドルEUR=  ユーロ/円EURJPY=

午後3時現在 110.62/64 1.1213/17 124.05/09

午前9時現在 110.79/81 1.1199/03 124.09/13

NY午後5時 110.76/79 1.1197/02 124.08/12

為替マーケットチーム

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below