September 9, 2019 / 6:31 AM / 11 days ago

ドル106円後半、1ヵ月ぶり高値圏でもみあい

 9月9日、午後3時のドル/円は、前週末ニューヨーク市場の午後5時時点と変わらずの106円後半。週明け取引は目立った手がかりがなく、売買が交錯。主要通貨はもみあいとなった。写真は2017年6月撮影(2019年 ロイター/Thomas White)

[東京 9日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前週末ニューヨーク市場の午後5時時点と変わらずの106円後半。週明け取引は目立った手がかりがなく、売買が交錯。主要通貨はもみあいとなった。

106円後半と前週末と変わらずで寄り付いた週明けのドルは、午前の取引で一時107円台に乗せたものの、その後すぐ106円後半へ再び反落した。台風15号の影響で、東京市場は参加者が少なかったとの指摘もあった。

ドルは前週5日の海外市場で107.23円まで上昇。8月2日以来約1カ月ぶり高値をつけていた。

この日の話題は通貨オプション市場。ドル/円の予想変動率(インプライド・ボラティリティー)が急速に低下中で、8月後半に9%台だった1カ月物はこの日、1カ月ぶり低水準となる6%半ばまで低下した。

市場では、米国と中国が貿易問題に関する閣僚級の交渉を10月に行うことに合意したことで「両国は実質的な進展が得られるよう事前協議を行う計画で、前向きな姿勢を維持することが予想され、ボラティリティーも潜在的に抑制される」(モルガン・スタンレー)との声が出ていた。

ドル/円JPY=  ユーロ/ドルEUR=  ユーロ/円EURJPY=

午後3時現在 106.86/88 1.1023/27 117.82/86

午前9時現在 106.93/95 1.1018/22 117.84/88

NY午後5時 106.90/93 1.1027/31 117.86/90

為替マーケットチーム

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below