June 12, 2019 / 7:00 AM / 13 days ago

ドル108円半ば、米大統領発言でユーロ堅調

 6月12日、午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点とほぼ変わらずの108円半ば。全般動意に乏しい展開だったが、トランプ米大統領の発言を手がかりとするユーロの底堅さが目立った。写真は2017年6月撮影(2019年 ロイター/Thomas White)

[東京 12日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点とほぼ変わらずの108円半ば。全般動意に乏しい展開だったが、トランプ米大統領の発言を手がかりとするユーロの底堅さが目立った。

きょうの話題はトランプ大統領のツイート。11日に「ユーロやその他の通貨はドルに対し価値が低くなっており、米国が大きな不利益を被っている」と投稿した。

それを受けてユーロはじり高。海外市場で安値1.1301ドルから1.1338ドルまで買われた流れを引き継ぎ、東京市場でも1.13ドル前半で底堅い動きとなった。

市場では「その他の通貨」に円が含まれるかにも関心が集まった。主な通貨の現在の実質実効レートが、過去20年間の平均値からどの程度かい離しているかをJPモルガン・チェース銀行が調べたところ、ユーロが6%程度割安だった一方、円は16%割安だったという。

ただ先の日米財務相会談でも、為替に関する協議は表面化しなかった。「米側には少なくとも、参院選までは静かにしておこうとの配慮があるのではないか」(外銀)との声が出ていた。

ドル/円JPY=  ユーロ/ドルEUR=  ユーロ/円EURJPY=

午後3時現在 108.39/41 1.1335/39 122.88/92

午前9時現在 108.46/48 1.1327/31 122.88/92

NY午後5時 108.50/54 1.1329/34 122.95/99

為替マーケットチーム

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below