September 30, 2019 / 12:59 AM / 24 days ago

鉱工業生産8月は前月比-1.2%、判断「弱含み」に下方修正

 9月30日、経済産業省が発表した8月鉱工業生産指数速報は前月比マイナス1.2%と、2カ月ぶりの低下となった。写真はトヨタ自動車の工場。2017年12月8日、愛知県豊田市で撮影(2019年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 30日 ロイター] - 経済産業省が30日発表した8月鉱工業生産指数速報は前月比マイナス1.2%と、2カ月ぶりの低下となった。ロイターの事前予測調査では同0.5%低下と予想されており、これを下回った。鉄鋼、液晶製造装置・掘削機械、自動車部品などの減産が響いた。

9月の生産水準が企業の計画通りに実現すれば7━9月の生産水準は4-6月実績を下回る見通し。このため経済産業省は生産の基調判断を「総じてみればこのところ弱含み」に下方修正。「生産は上昇と低下を繰り返しつつも、ジリジリと下げてきている」(幹部)としている。

生産者在庫率指数は前月比2.8%増の110.5と現行の2015年基準で過去最高となり、「生産への影響を注視する」(同)としている。

8月の生産減少は、7月増産の反動のほか、鉄鋼では定期修理による減産や台風の影響があった。

上昇した業種は電子部品・デバイス工業、化学工業(無機・有機化学工業・医薬品除く)、無機・有機化学工業だった。消費増税前の駆け込み需要については「聞いていない」(同)という。

生産予測指数は9月が前月比1.9%上昇、10月が同0.5%低下だった。予測指数には上振れ傾向があり、これを補正した9月の試算値は前月比0.3%増にとどまった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below