July 21, 2020 / 6:58 AM / 20 days ago

6月全国百貨店売上高は前年比19.1%減、9カ月連続マイナス

[東京 21日 ロイター] - 日本百貨店協会が21日発表した6月の全国百貨店売上高は、店舗数調整後で前年比19.1%減の3829億円と厳しい状態が続き、9カ月連続でのマイナスとなった。ただ、5月の同65.6%減に比べると大きく改善しており、業績は持ち直し局面に入ってきている。

新型コロナウイルス感染症による外出自粛ムードは残るものの、全店が全館営業を再開しており、客足も戻りつつある。商品別にみても、「イエナカ需要」の高まりを背景に生鮮食品、食器・キッチン関連、寝具などのリビング用品食料品が比較的好調だった。パラソルやサンダルなどの季節商材のほか、学校再開により子供服にも動意がみられた。また、ラグジュアリーブランドや宝飾品など一部高額商材にも動きが出てきた。

中元商戦は、店頭販売の減少をECの大幅な伸びがカバーし堅調に推移した。クリアランスセールでは、開始時期の前倒しや分散開催・長期化、ECの拡大などのコロナ対策が顧客ニーズをとらえ、衣料品を含むファッション商材中心に動きがみられた。

調査対象の百貨店は73社・203店舗。東京地区は前年比24.3%減と、9カ月連続マイナスとなった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below