October 30, 2019 / 6:52 AM / in 22 days

コマツが営業益予想を下方修正、中国などの需要減と為替見直し

 10月30日、コマツは2020年3月期の連結業績予想(米国会計基準)を下方修正した。写真は2013年1月、都内で撮影(2019年 ロイター/Shohei Miyano)

[東京 30日 ロイター] - コマツ(6301.T)は30日、2020年3月期の連結業績予想(米国会計基準)を下方修正した。連結営業利益予想は3370億円から2790億円(前年比29.9%減)へと17%引き下げた。中国やインドネシアでの需要が想定以上に減速、下期の需要も想定より弱含むとみている。さらに、下期の為替レートを円高方向に見直したことも影響している。

リフィニティブが集計したアナリスト21人の営業利益の予測平均値は3472億円で、会社予想はこれを大きく下回った。

連結売上高も2兆6170億円を2兆4720億円(前年比9.3%減)へと下方修正した。

堀越健・最高財務責任者(CFO)は「下期も米中貿易摩擦など外部環境が不透明で、需要は想定よりも弱含む」との見通しを示した。

主力の建設機械・車両は、日本と欧州の売上高が増加する一方で、アジアや中国、アフリカでの減少が大きい。中国では、国産メーカーの比率の上昇や経済の先行き不透明感から一般機械需要が減少。インドネシアでは、大統領選の影響や燃料炭の価格低迷により、建設・鉱山機械需要が減少しているという。

同社では、主要7建機の19年度の需要見通しは、期初に前年比横ばい―5%減とみていたが、これを3%減―8%減へと見直した。

通期の想定為替レートは、1ドル104.5円(前回見通しは105円)、1ユーロ116.3円(同119円)、1人民元14.9円(同15.6円)に見直した。

2019年4―9月期の連結売上高は1兆2134億円(前年同期比7.9%減)、営業利益は1419億円(同29.1%減)と減収減益になった。

*内容を追加しました。

清水律子 編集:山川薫

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below