for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

経産相が韓国次期政権の政策協議代表団と会談、意思疎通の契機に

 萩生田光一経産相は25日午後、尹錫悦(ユン・ソクヨル)次期韓国大統領による政策協議代表団と会談した。写真2021年10月、都内で会見する萩生田氏(2022年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 25日 ロイター] - 萩生田光一経産相は25日午後、尹錫悦(ユン・ソクヨル)次期韓国大統領による政策協議代表団(団長は鄭鎮碩(チョン・ジンソク)韓国国会副議長)と会談した。経産省では、日韓関係を健全な関係に戻すため、両国の意思疎通のひとつの契機にしたいとしている。

会談は45分程度行われた

経産省関係者によると、萩生田経産相は、健全な日韓関係はルールに基づく国際秩序を実現し、地域・世界の平和、安定、繁栄を目指すうえでも不可欠だと述べた。会談では、両国が抱える諸課題について、双方が従来の立場に基づくやり取りを行ったという。

日本政府は2019年、韓国向けの半導体素材などの輸出規制を強めた。これに対し、韓国は、世界貿易機関(WTO)での紛争解決手続きを始めた。この日の会談でも、輸出管理の問題は取り上げられたという。

日本側は、日韓政策対話を通じて貿易管理に関する韓国の実態を確認するとしているなかで、WTOに提訴されている状況では、政策対話が続けられないとしている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up