December 18, 2019 / 12:17 AM / a month ago

日立と南アプロジェクトで和解含め協議、決定あれば速やかに開示=三菱重

 12月18日、三菱重工業は、日立製作所と損失負担を巡って対立している南アフリカでの火力発電所の建設事業で和解する方針を固めたと報じられたことについて「和解を含めた協議を行っており、決定があれば速やかに開示する」とのコメントを発表した。写真は相模原で2016年7月撮影(2019年 ロイター/Maki Shiraki)

[東京 18日 ロイター] - 三菱重工業(7011.T)は18日、日立製作所(6501.T)と損失負担を巡って対立している南アフリカでの火力発電所の建設事業で和解する方針を固めたと報じられたことについて「和解を含めた協議を行っており、決定があれば速やかに開示する」とのコメントを発表した。

日立も「三菱重と仲裁手続き中で、並行して話し合いによる解決の道も模索する」と発表した。

18日付日本経済新聞は、三菱重側が日立に支払いを求めていた額の事実上の減額に応じたもので、保有株の譲渡など日立の負担は総額5000億円程度になるもようだと伝えていた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below