for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マネタリーベース、5月平残は649兆円 前年の反動で伸び縮小=日銀

[東京 2日 ロイター] - 日銀が2日発表した5月のマネタリーベースの平均残高は前年比22.4%増の649兆9142億円となり、残高が過去最高を更新した。伸び率は前月の24.3%から縮小。新型コロナウイルスの感染拡大で金融機関向けのコロナオペ創設など、政策対応を強めた前年の反動が出た。

平均残高の内訳は、日銀当座預金が同27.5%増の528兆5430億円。残高が過去最高となる一方、伸び率は前月の29.7%を下回った。紙幣は同4.4%増の116兆3336億円、貨幣は同1.9%増の5兆0376億円だった。

5月末のマネタリーベース残高は650兆9651億円となり、前月から減少。日銀当座預金は529兆9655億円でこちらも前月から減少した。

マネタリーベースは、市中に出回っている現金と金融機関が日銀に預けている当座預金の合計値で、日銀が供給する通貨を表す。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up