November 12, 2019 / 2:21 AM / a month ago

ソマリア沖海賊対処など、自衛隊派遣を1年延長=菅官房長官

 11月12日、菅義偉官房長官は閣議後の会見で、ソマリア沖での海上自衛隊による海賊対処活動と、シナイ半島での国連多国籍軍監視団(MFO)への自衛官派遣を、それぞれ1年延長することを決めたと明らかにした。写真はソマリア沿岸を哨戒する海上自衛隊の護衛艦さざなみ。2009年3月31日、防衛省提供(2019年 ロイター/防衛省)

[東京 12日 ロイター] - 菅義偉官房長官は12日、閣議後の会見で、ソマリア沖での海上自衛隊による海賊対処活動と、シナイ半島での国連多国籍軍監視団(MFO)への自衛官派遣を、それぞれ1年延長することを決めたと明らかにした。これらの活動はいずれも今月中に期限を迎えることになっていた。

今年4月から初めて実施されたMFO司令部への自衛隊要員派遣は、エジプトとイエスラエルの停戦監視にあたり両国の連絡などの仲介任務を果たしてきており、菅長官は「我が国の平和と繁栄の土台である中東の平和と安定に貢献するものであり、米国など要員派遣国12カ国との連携の促進につながるほか、人材育成にもなる」との認識を示した。

これは2016年に施行された安全保障関連法制に基づく活動で、国連安全保障理事会の決議に基づく国連平和維持活動(PKO)以外の任務でも、国際機関や多国間条約で設立された機関の要請があれば自衛隊を海外に派遣できるようになっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below