January 7, 2020 / 1:26 AM / a month ago

ゴーン被告逃亡で日産が声明、「責任追及の方針に影響受けず」

 1月7日、日産自動車は、前会長だったカルロス・ゴーン被告が保釈中にレバノンに逃亡したことについて「責任を追及する基本的な方針は、逃亡によって何ら影響を受けるものではない」との声明を発表した。写真は都内で2019年4月25日撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)

[東京 7日 ロイター] - 日産自動車(7201.T)は7日、前会長だったカルロス・ゴーン被告が保釈中にレバノンに逃亡したことについて「責任を追及する基本的な方針は、逃亡によって何ら影響を受けるものではない」との声明を発表した。

声明は、ゴーン被告の逃亡が「日本の司法制度を無視した行為であり、極めて遺憾」とした上で、被告による「不正の規模は、報酬虚偽記載や会社資産の私的流用など多岐にわたり極めて甚大」と指摘。日産として「引き続き司法および規制当局に協力し、適切に対応していく」としている。

*見出しを差し替えて再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below