May 15, 2018 / 6:51 AM / 9 days ago

拉致にこだわると日米足並み乱れも=対北朝鮮で山崎元自民副総裁

[東京 15日 ロイター] - 山崎拓・元自民党副総裁は15日に都内で講演し、北朝鮮が完全で検証可能かつ不可逆的な非核化(CVID)に応じるならば、米国との関係が改善するため「日本が拉致問題にこだわれば、日米間で足並みがそろわないことがありうる」とし、「日米同盟堅持という日本の外交上の立場を果たしていけるか、考えて行かないといけない」との懸念を示した。

また、北朝鮮が求めている「朝鮮半島の非核化」の結果、在韓米軍が縮小撤退するようなことになれば、日本の安全保障に大きな影響が出るとの懸念を示した。

山崎氏は、4月末からの連休中に韓国を訪問し政府要人と接触。会談した要人によると、4月27日に実施された南北首脳会談で、文在寅大統領から金正恩委員長に拉致問題を提起したところ「金委員長側から答えがなかった」と伝えられたという。

また、北朝鮮がCVIDを実現するならば、北朝鮮の体制保証は米国が行なうが、経済援助は6カ国協議が重要で、とりわけ日本の役割が重要と伝えられたという。

6月12日にシンガポールで予定されている米朝首脳会談は、北朝鮮がCVIDに応じるかが焦点だが「中国は戦略的な国なので、北朝鮮に対して米国の言うことを聞けと言っているのではないか」との見解を示した。

竹本能文

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below