for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東京五輪組織委、人事含め透明性持ち対応している=官房長官

 2月17日、加藤勝信官房長官は東京五輪・パラリンピック組織委員会について「人事を含めた運営について透明性のある形で対応している」との認識を示した。都内で先月22日撮影(2021年 ロイター/Issei Kato)

[東京 17日 ロイター] - 加藤勝信官房長官は17日午前の会見で、東京五輪・パラリンピック組織委員会について「人事を含めた運営について透明性のある形で対応している」との認識を示した。

同委員会は、辞任を表明した森喜朗会長の後任候補の選考に入っている。

来月25日に福島県から始まる予定の聖火リレーについては「大会組織委員会において都道府県実行委員会と協議しつつ、感染防止策の検討を進めている。政府としては安心・安全な大会の開催に向けてしっかり対応していきたい」と述べた。

聖火リレーを巡っては、島根県知事が島根県内での実施について中止を検討している、との報道が出ている。

杉山健太郎 編集:内田慎一

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up